中途入社 社員紹介

せんざん東口店本田 みどり

入社後〜現在に
至るまで
  • 1999年 せんざん港北NT店パートナーとして入社
  • 2010年 せんざん港北NT店(契約社員登用)
  • 2015年 せんざん東口店異動(女将)
Qせんざんに入社した理由は?
せんざんのユニフォームが着物であることを知り小さい頃から着物を着て働いてみたいと思っておりました私にはとても魅力がありました。着物は人を優雅に凛とさせてくれる効果があるように思います。せんざんに入社前食事に行き店内を見回すと着物を着てキビキビと働いている従業員の方たちを見て、自分も同じように優雅に凛とそしてキビキビと働くイメージが涌きました。気持ちよく働くための大切なツール、ユニフォームが着物であるということはわたしにはかなり重要なことでした。
 面接時、飲食業を初めて経験する私はドギマギしていましたが、その時の面接してくれた方がとても柔和な笑顔で「何かあればいつでもなんでも言ってください」とお話されました。この言葉にとても救われたのを思い出します。会社の面接というと会社の内容と00してください、00してほしいと決りごとばかり話されるように思い込んでいましたが仕事はキチンとしてもらいますが困ったことがあれば受け入れますよと言われたような気がしました。特に子育てしている時期などは何が起こるかわかりません。社会に出たい一心で思い切って面接を受けた私に優しく仕事で行き詰ったとしてもすべてを受け入れてくれるような眼差しがあったのです。その上司とは今でも信頼関係があり、見守ってくれている気がします。
Qどんな会社、仲間ですか?
せんざんという会社はテーマが家族です。社長が父親で専務が母親、幹部たちが兄達で働くみんなが兄弟、姉妹です。家族みんなが幸せになれるように社長、専務はいつも一番頑張って働いて叱ってくれて、導いてくれています。
 元々は社長夫婦が築いたお寿司屋さん。職人の夫と接客業が大好きな妻、二人で頑張っていたお店です。目に見えないたくさんの失敗とたくさんの努力を重ねて一歩一歩大きくして家族を増やし、そして今、横浜に28店舗東京に2店舗ある会社になりました。店舗の中では高校生から高齢の方までのパートナーさんやアルバイトさんがいっぱい楽しそうに働いていて、勤続年数が長い人がたくさんいます。勤続年数が長いという事はそれだけ幹部のお兄さんたちが働きやすい環境にするために、働いている私達の思いを聞いてくれているからだと思います。家族みんなを幸せにしようと努力している会社、それがせんざんです。
Qどんなお店で働いていますか?
私のお店は和食のお店で「蟹のお刺身」や蒸し焼きにする「網焼きタラバ」せんざんオリジナルソースをつけて焼く「伊勢海老せんざん焼き」「ズワイ蟹せんざん焼き」があります。魚も市場で直接仕入れた朝獲れの魚をすぐにさばいて提供したり、和牛ステーキA4ランクのお肉、牛しゃぶ、蟹しゃぶの鍋も扱ってます。毎日お酒に合うおすすめメニューも用意していて旬の魚だけではなく、洋風な料理などを盛り込んでお寄りからお子様までどなたでも満足していただけるように工夫しています。
 お客様層は近隣のサラリーマン、若いカップルやファミリーなど若い世代から年配の方まで広い範囲のお客様に御利用いただいています。着物姿で笑顔でお客様が喜ぶ顔が見たくて働いているパートナーさんやアルバイトさん達が輝いているお店です。
Q将来の夢を聞かせてください?
仕事面では新しいことに挑戦していき日々皆さんと共に成長できたらと思っています。繁盛店調査隊なども面白いかもしれないなとも思っています。そして健康で長く社会に貢献していけるように努力していきたいです。プライベートでは一生懸命働いた分、余暇には海外旅行などに出かけたいと考えています。24年続けている趣味のダンスも体力作りには最適なので、健康であることと仕事で充実することが目標であり夢です。