中途入社 社員紹介

せんざん新横浜店後藤 潤一

入社後〜現在に
至るまで
  • 2000年入社 せんざん港南台配属
  • 2003年 せんざん港南台店(副料理長昇格)
  • 2004年 海風季異動
  • 2005年 楽雅新横浜店異動(料理長昇格)
  • 2009年 せんざん新横浜(リニューアル)
  • 2010年 せんざん新横浜店(店長昇格)
Qせんざんに入社した理由は?
「せんざん」は郊外やオフィス街に蟹料理、焼肉、とんかつ、居酒屋とたくさんの業態があります。どの店舗も高級感がありワンランク上の「風格」や「上品」さを持ち合わせていて第一印象は「敷居の高い店」でした。入社を勧められた時に興味を持ち「港北ニュータウン店」に知り合いと食事に行った時、ウエイティングの列があり驚きました。一時間近く待ってから入店し感じたのは料理のクオリティ、味はもちろん、接客レベルの高さでした。満席の状態の中仲居さんが一人づつ時間をかけて料理の説明をしている姿を見て、いままで料理人として自分の作った料理がここまで丁寧に出されていた事があっただろうか?と衝撃的でした。食事が終わった後に、「すごく忙しくて大変そうだけど、この会社ならいろんな事を学べる」と思い入社を希望しました。
Qどんな会社、仲間ですか?
「せんざん」に入社して、はや15年。料理長から店長になり、とても大変な時期もありましたが、振り返ってみると確実に自分自身が成長できていると感じる瞬間があり、そんな時やっぱり「せんざん」で仕事してきて良かったと感じます。なぜかというとせんざんは「人」を凄く大事にする会社で「社員」「パートナー(アルバイトさん)」そしてもちろん「お客様」との関わりを一番大切にしています。社長の「理念」(会社がこうあるべき姿)に基づき、皆が同じ方向を向きスタッフが働きやすい環境で助け合い、励ましあい、全員が成長出来る。そんなお店にお客様が来店された時「いいお店だね。」「また来るね。」と言葉にして言ってもらえるから、「もっと頑張ろう。」という気持ちに自然となります。
Qどんなお店で働いていますか?
新横浜店は「海鮮・磯料理」の専門店なので、三崎港・佐島港・長井港より朝一に獲れたばかりの活きのいい魚介類を自分達で直接見に行き、「競り(せり)」という形で買い付けしています。海鮮が売りのお店ですが接待・宴会・二次会・顔合わせなど色々なシーンに対応しており、サラリーマンだけでなく休日には家族連れで賑わいます。新鮮な地魚はもちろん、蟹料理や蟹を入れたコースも好評頂いています。
Q将来の夢を聞かせてください?
仕事面ではこれから先、自分が上を目指していく上で今までの経験で得た事を周りのスタッフさん達と共有でき皆と一緒に成長し、全員が「こうなりたい」と言える「人」「店舗」「会社」を作っていきたいです。
プライベートでは いつかクルーザー買って休みの日に家族で釣り三昧したいですね。